プロパーカードの特徴

ひよこ君

ひよこ君
プロパーカードって何?クレジットカードとは別のカード?

クレジットカードの種類の一つだよ!

クレジットカードに興味を持ち始めると、プロパーカードという言葉を耳にすることもあるかと思います。

プロパーカードというのは他のカードにはない貴重な価値を持っているものです。

なので、今回は「プロパーカードってなに?」という疑問を解消するために詳しく解説していきたいと思います!

プロパーカードとは?

VISAやMasterCardといった名前は誰もが知っているくらい有名な名前で、日常的によく目にすることもあるかと思います。この、VISAやMasterCardといった会社のことを国際ブランドと呼びます。

そして、プロパーカードとは、この国際ブランドが直々に発行しているもののことです。プロパーとは『固有』という意味で、国際ブランドの固有カードなのでプロパーカードとよばれています。

しかし、全ての国際ブランドがプロパーカードを発行しているわけではありません。VISAやMasterCardの名前で国際ブランドを紹介しましたが、むしろその2つの国際ブランドはプロパーカードを発行してはいないんです。

プロパーカードを発行しているブランドは3つしかない

『7大国際ブランド』と呼ばれる7つの国際ブランドが存在します。そして、プロパーカードを発行しているのはそのうちの3社のみです。

JCB、AmeicanExpress、DinersClubの3社になります。

VISAやMasterCardなどは発行するためのライセンスを他の企業に提供するだけで自社でのクレジットカードの発行は行なっておりません。

なので、プロパーカードは選ぶときはJCB、AmericanExpress、DinersClubの3社から選ぶことになります。

プロパーカード以外は提携カード

提携カードという言葉を一度は聞いたことがあるかもしれません。国際ブランドが他の企業と提携してつくったカードのことを提携カードと呼びます。

VISAやMasterCardが発行しているカードは提携カードです。

クレジットカードの種類は2種類しかなく、プロパーカードか提携カードしか存在しません。なので、プロパーカード以外のカードは提携カードということになりますね。

プロパーカードと提携カードには基本的な違いはない

支払いの方法、審査の有無など基本的なことに関してはプロパーカードと提携カードの間には違いはありません。

しかし、ステータス性、サービスの充実度、ポイントの還元などでいくつも違いがあります。

人によっては、この差がクレジットカードを選ぶ上で大きな分かれ目となると思うので、順を追って説明していきたいと思います!

プロパーカードはステータス性の高いカード

ここではプロパーカードの特徴についてご説明します。

プロパーカードはステータス性の高いカードです。

ステータス性というのは『社会的地位』という意味で、プロパーカードを持つことで持ち主のステータス性が高く見られることになります。

それはなぜかということを説明していきます。

審査の厳しさ

プロパーカードは提携カードに比べると、取得することがとても難しいと言われています。審査の基準は経歴や収入、過去の滞納履歴(クレジットヒストリー)など様々です。

経歴も収入も他の提携カードと比べると、審査のレベルは段違いです。

審査には、その人のキャリアや収入の部分が深く関わってきます。そのため、プロパーカードを持っている人は社会的地位の高い人だと見られるわけです。

年会費の高さ

プロパーカードの年会費は数万円かかるものが多く、数十万円かかるものまで存在します。

年会費を払うことは大変ですが、年会費が高いおかげで付帯してくるサービスはとても充実しています!(プロパーカードのサービスについては下でご説明しています)

この年会費の高さもステータスを証明する一つの理由となっています。

プロパーカードのメリット、デメリットを比較

ここでは、プロパーカードと提携カードを比較してメリット、デメリットを説明していきたいと思います。

まずは表をご覧ください。

項目 プロパーカード 提携カード
ポイント還元率 低い 高い
提携先の独自特典 ない ある
ステータス性 高い 低い
年会費 高い 低い
付帯サービス 多い 少ない
保険の補償額 多い 少ない
使いやすさ 使いやすい 使いにくい
デザイン 洗練されている 不恰好

これを見てもらえると、どちらも一長一短なように感じます。

どちらがいいかは人それぞれです!持てる方は両方持っておくというのがいいかもしれません!

ステータス性は言うまでもないですが、他にもかなり差がある部分があるのでもう少し深掘りしていきます。

場所を選ばずに使用できる

プロパーカードは提携先がないので気楽に場所を選ばずに使用することができます。提携カードの場合、同じジャンルのお店で他のお店との提携カードを使うのって躊躇ってしまいませんか?

例えば、飛行機のチケットをカードで購入するときに、そのカードがANAのカードだった場合だとJALなどの他の航空会社では少し買いづらいですよね。全く気にしないという方なら大丈夫なのですが。

その点プロパーカードだと場所も選ばない。そして、ステータス性もあるので、どこの場所だろうと堂々と出すことができます!

ポイントは貯まりづらい

提携カードの方がポイント還元率は上です。ポイントを貯めたいという方は提携カードの方が断然お得です。むしろ、提携カードはポイントを多く貯められることが最大のメリットです。

日常的にクレジットカードを使いたい場合は、提携カードの方がいいかもしれません。クレジットカードは1枚だけでなく、何枚でも持つことが可能なので場所によって使い分けることをオススメします。

おすすめ

後日

 

まとめ

プロパーカードまとめプロパーカードを発行しているブランドは3つしかない

1.プロパーカード以外は提携カード

2.プロパーカードと提携カードに基本的な違いはない

3.プロパーカードの審査は厳しい

4.プロパーカードは年会費が高い

5.付帯サービスの充実度は圧倒的

6.場所を選ばず使用できる

7.ポイントは貯まりづらい

プロパーカードによるステータスや付帯するサービスはとても魅力的です。

審査も厳しく、年会費もそれなりにかかりますが、余裕があればぜひ持っておきたいカードだと思います。

もし、プロパーカードを取得するときは自分に合うカードを見つけることにしましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です