クレジットカードの支払い「フレックス払い」の仕組みを徹底解説!

クレジットカードには様々な支払い方法があります。リボ払い、ボーナス払い…。フレックス払いとは、クレジットカードの支払い方法のうちの一つです。

まだ、フレックス払いを利用したことがないという方はこの記事を見てもらって損はありません。利用したことがあるという方はこの記事でさらに詳しくなっていただければと思います。

では、フレックス払いの仕組みについて詳しく説明していきます!

フレックス払いの仕組み

まず、フレックスという言葉はあまり馴染みのない言葉ですが、意味は「融通のきく」などといった意味があります。自由といった感じで解釈してもらえればわかりやすいかと。

まさにその通りで。フレックス払いとは自由、融通のきく支払い方法です。

では、詳しい仕組みを説明していきます。

毎月最低支払い金額を支払う

フレックス払いとは、毎月最低支払い金額を設定し毎月その額をカード会社に返済していく支払い方法です。

支払いが設定金額以内のものであれば一括払い。設定金額以上になれば翌月からリボ払いに移行されます。

設定金額が5000円であるとします。4000円のものを買った時は一括払いで手数料もかかりません。2万円のものを買った時は5000円ずつ最低支払いをしていくという形になります。

それだけではなく、フレックス払いの特徴は、この支払い金額を変更できることにあります。

設定支払い金額を変更できる

フレックス払いでは毎月支払い金額は決められていますが、それはあくまでも最低支払い金額です。最低なので、これ以上の金額を支払っても構わないという意味です。

例えば、毎月5千円に最低支払い金額を設定していたとします。2万円の財布をフレックス払いで購入しました。先月はお金を違うところで使い過ぎたので通常通り5千円しか支払えませんでした。しかし、今月は余裕があるから1万円返済してしまおう。というように毎月の最低支払い金額を変更することができるんです。

ひよこ君

ひよこ君
来月は2万円でもいいわけだ!
こうした融通のきくところがフレックス払いの特徴です。

ATMやコンビニで返済可能

フレックス払いは返済する手段にも融通が利きます。通常は口座からの引き落としですが、フレックス払いはATMやコンビニで支払いたい時に返済可能です。

余裕がある時に、つい他のものにお金を支払いしそうになる前に、支払ってしまうことが可能になります。

フレックス払いのメリット

設定金額の自由な変更

これは上記で説明した通り。余裕のある時には多く支払い、余裕のない時には少なく支払う。この融通のきくところがフレックス払いの特徴でもあり、最大のメリットでもあります。

しかし、それだけではありません。

フレックス払いの特典

フレックス払いで支払うとカード会社から特典をもらえることがあります。特典はカード会社により様々ですが、「ポイント2倍」、「年会費無料」などがあります。

これはカード会社によって様々で、条件も異なるので利用要項をよく読んでもらえればと思います。

リボ払いとの違い

基本的にはリボ払いと支払い方法は同じです。フレックス払いの特徴そのものがリボ払いとの違いになってきます。

  • 自由な金額設定ができる
  • ATM、コンビニで返済可能
  • 1回目の支払い時に手数料がかからない

支払いに融通が利くか利かないか。リボ払いとの違いはここですね。

フレックス払いの注意点

フレックス払いの特徴やメリットを紹介してきました。一見フレックス払いは便利な支払いに見えますが、正直、このメリットを享受できる人は多くありません。

その理由をご紹介します。

返済金額の変更は面倒

返済金額の変更はWebでできるようになっています。日頃からインターネットに慣れている方は問題ありませんが、誰もがそうとは限りません。

一度高い金額に変更すると毎月その金額支払えるとは限りません。余裕がなくなればまた金額を変更しなければいけません。とても面倒です。

毎月フレックス払いのことを気にするのは結構大変ですし、細かいお金の管理ができる方でないとフレックス払いは大変です。

お金管理に疎い人は要注意

フレックス払いは余裕がある時には多く支払いができますし、余裕がない時は支払いを少なめにすることができます。少なめにできるということは、支払いをどんどん先送りにすることができるということです。

ここで注意して欲しいのは、返済には利息がかさむということです。返済を先延ばしにすれば、どんどん利息がついてきます。

金利手数料もリボ払い同様非常に高いです。

毎月細かく支払いをうまく変更していける方しかフレックス払いは使いこなせません。

カード会社で変わるフレックス払いの名称

最後にカード会社で変わるフレックス払いの名称をご紹介します。

  • 三井住友カード:マイぺイすリボ
  • JCBカード   :支払い名人
  • 三菱UFJニコス  :楽Pay

フレックス払いは、カード会社によっては上記の呼ばれ方をしています。

まとめ

以上、フレックス払いについて説明してきました。結論を言えばフレックス払いはお金管理をこまめにできる人しか使いこなせません。

やはり注意点で説明した金利については気をつけなければいけません。

今回はフレックス払いについて説明しましたが、クレジットカードの支払いは他にもあるので、自分に合った支払い方法を選択していただければと思います。

他の支払い方法に関するリンクはこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です